名古屋城



名古屋城の歴史を訪ねる。
P1000154.JPG




P1000151.JPG




P1000150.JPG



加藤清正
P1000149.JPG



スタンプ
P1000176.JPG




「名古屋城」
通称 : 金鯱城、金城、柳城、亀屋城、蓬左城

城郭構造:  梯郭式平城

天守構造 : 連結式層塔型5層5階地下1階(1612年築 非現存)
       (1959年再 SRC造外観復元)

築城主:  徳川家康

築城年:  1609年(慶長14年)

主な改修者:  名古屋城再建委員会

主な城主 : 尾張徳川氏

廃城年:  1871年(明治4年)

遺構 : 櫓3棟・門3棟、庭園、石垣、堀

指定文化財:  国の重要文化財(櫓3棟、門3棟)


名古屋城は、織田信長誕生の城とされる今川氏・織田氏の那古野城(なごやじょう)

の跡周辺に、徳川家康が九男義直のために天下普請によって築城したとされる。

以降は徳川御三家の一つでもある尾張徳川家17代の居城として明治まで利用された。

姫路城、熊本城とともに日本三名城に数えられ、伊勢音頭にも「伊勢は津で持つ、

津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ」と歌われている。大天守に上げられた

金の鯱(金鯱(きんこ))は、城だけでなく名古屋の町の象徴にもなっている。

大小天守や櫓、御殿の一部は昭和初期まで現存していたが名古屋大空襲(1945年)

によって天守群と御殿を焼失し、戦後に天守などが復元され、現在城跡は名城公園

として整備されている。


日本の「城」巡りTOP






posted by oojijisun at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。